嘔吐物処理研修(けやきの家)

文責:支援主任 浅野

12月12日(水)、嘔吐物処理研修を行いました。最近、県南の保育所で園児らが
ノロウィルスに感染したというニュースもあり、特に嘔吐物の処理の仕方を学びました

感染症研修を何度も受けた職員も看護師の説明を真剣に聴き、手順の確認です
とろみをつけた麦茶を吐物に見立て、演習開始!

飛び散りの範囲を注意深く確認します
それぞれ役割分担をして作業します

●吐物の処理に当たる
●必要物品の補充を行う
●周囲の方を避難させる等
きちんと手順通りに出来たか看護師の目が光ります

反省会をして終了です

「感染」は発生させないのがいちばん!

でも万が一の場合、今回の研修を活かし「広げない」ようにしたいですね

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)