内部研修会『応急処置について・介護食と流動食の試食会』(もくせいの里)

文責:支援主任 橋本

課内の職員より研修内容・テーマのアンケートをとり、今年度最初の内部研修会は
『応急処置について・介護食と流動食の試食会』となりました!!

看護師より応急処置についての基本的な事から事例を踏まえた対応方法を学んでいます。
冷静かつ迅速な処置の為にも、何かあった時には「一人で対応しない!!」
周りの職員は「一人に任せない!!」
事が何より大切であることを学びました。
介護食・流動食の試食会☆
利用者の皆さんが実際に食べている物からそうでない物、約8品目ありその中でも4~10種類の味が用意されています。

これ全部を食べ切る事ができるのか、、、?
もちろん全部美味しくいただきました!!
初めて食べる物が多く、実際に食べる事で
匂いや味、食感を知る事が出来ました。

試食会の中でも
「これ美味しい!!」「これは微妙、、、」
「思っていた味と違う?」「食べ易いなぁ」
などなどの話が出ました。

今回学んだ事は各々のスキルアップとなり、利用者さんの生活の質の向上へ繋げたいです。
また、改めて学ぶ・知る機会があるという事はとても大切な事だと感じました。
これからももくせいの里では内部研修会(職員による勉強会)を実施していきます。

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

平成31年度 辞令交付式(研修部)

台風被害について(法人本部)