みすぎの郷開設にあたり(経営福祉余話)

文責:理事長 岩崎俊雄



 旧岩舟町の公募による地域密着型特別養護老人ホーム「みすぎの郷」の整備が完了し、6月1日オープンしました。特別養護老人ホームの経営は当会にとって初めてのことであり、栃木市、栃木県等の特別のご指導を頂いたほか、地権者はじめ地元の皆様、建築の設計監理、施工を頂いたエム・オー・エムプラニング、落合建設工業株式会社様等多くの皆様のご支援、ご協力を賜りました。ここに、心より感謝申し上げます。
 工事の遅延により開設が遅れたこともあり、竣工落成式に変えて地元の皆様はじめ関係された方々への内覧会を開催し、急遽、翌日から利用者の受け入れをさせて頂きました。開設を待ち望んでおられた方々の利用希望を優先させたことから、ご支援いただいた方々へのご報告が延び延びになっておりますことをお詫びする次第です。
 ご承知のとおり、社会福祉の新たな方向性として、地域包括支援システムの確立が求められています。本会は、それに先だって、障害者の地域療育支援システム、そしてそれを発展させた子どもから高齢者を含むすべての市民を対象としたセーフティネットとしてのトータルサポート(地域包括支援)システムの確立を目指してきました。法人創立40周年という記念すべき年に当たり、改めて地域に無くてはならない社会福祉法人となるよう努力精進する所存でおりますので、これまで同様のご指導を賜りますようお願いし、開設のご挨拶といたします。

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)