お楽しみ外出:壬生わんぱく公園 (やまと)

文責:支援主事 木澤

5月16日(木曜日)毎年この時期にお楽しみ外出を企画しますが、今年は少し遠く
まで足を延ばしました。
ひよこぐみの外出として出掛けるのは何年振りでしょう。当時親子行事として参加した利用者さんはもう小学校高学年になっています!

普段の療育環境とは異なり、大きな鯉のぼりをめがけておもいっきり芝生を走りまわりました。
大きな池に餌を投げ入れると、水しぶきが激しく上がるくらい鯉が集まりました。
餌がないときは、池の近くで手を叩いてみてください。同じように鯉が集まってきます!
(鯉にとっては迷惑かも?)
いっぱい遊んだ後は、愛情たっぷりお母さんの手作り弁当を食べながら、ちょこっと休憩。
お昼休憩後はこどもの城に移動し、広いポンポンプール(ボールプール)で遊んだり、暗い部屋を歩くと、様々な音が聞こえてきて楽しかったです。
ここ、『壬生わんぱく公園』は1日中たくさん遊べる場所で、楽しそうな笑顔や、普段見せない表情・行動が見られました。
いっぱい遊んだので、おうちでゆっくりしてね (^_-)-☆

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)