第2回 心のバリアフリー推進イベント(屋内編)

記録文責:支援主任 高島

2月9日(日)に栃木市岩舟健康福祉センター遊楽々館において、「第2回 心のバリアフリー推進イベント」を開催しました。

「心のバリアフリー」とは、障がいのあるなしに関わらず共生できる社会を実現するために、心理的な障壁(バリア)をなくすという考え方です。私たちすぎのこ会は「心のバリアフリー」を推進するため、様々な方に「福祉」に触れる機会を提供できるよう活動しています。

ひのきの杜利用者と職員のボランティア団体「ラッキークローバー」による、パネルアートを使った公演です。本日の題目は、「赤ずきん」。利用者、職員一丸となって取り組みました。

普段は地域の小学校に出向いての公演なども行っています。公演依頼お待ちしております!
今回のメインイベントである、映画「蹴る」の上映会と中村和彦監督の講演会の様子です。

「蹴る」はドキュメンタリー映画で、電動車椅子サッカーの選手達を撮影した作品です。選手達が電動車椅子サッカーに真剣に向き合っている様子や思いを、中村監督が等身大で伝えたいという気持ちが大変伝わってくる作品なので、まだ鑑賞されたことがない方はぜひ一度ご覧になってください。
『アビリティーズ・ケアネット』様のご協力で、とても高機能な電動車イスやリハビリ機器の体験コーナーを提供して頂きました。
ふっくん、ぴーちゃん、コスもんも応援に来てくれて、来場者達と触れ合っていました。

(屋外編に続く)

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)