第1回すぎのこ会 実践発表会②(サービス管理部)

2グループ目はあすなろ「遊び=成長」について発表を行いました。

始めての職員に向けての発表となりましたが、児童の分野で取り組んでいる事がどのような成長を促しているのか、会場全体を巻き込みながら伝えられたように思います。
3グループ目はすぎのこ「信頼から生まれる利用者の可能性」~チームでの支援の取組み~について発表を行いました。

事業所とグループホームの職員の支援の連携や弱みを強みにリフレーミングすることで、利用者さんの変化が見られた事例を聞くことができました。

「職員が1人でも支援を諦めなければ、なんとかなる」この言葉は現支援員の皆さんにとって、「やってみよう!頑張ってみよう!」と思えた言葉だったのではないでしょうか?
総評

常務より総評をして頂きました。

全体に対して、辛めのコメントでしたが今後の課題を教えて頂いたことにより更なる高みを目指せるのではないかと感じました。

法人として実践発表会の機会を設けられたことは、職員の成長や仕事へのやりがい・生きがいに繫がったと思います。次回の第2回目の実践発表会でも、日頃、職員が取り組んでいる事や支援の現場に役立つような実践報告が多くあることを期待しています。

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

平成31年度 辞令交付式(研修部)

台風被害について(法人本部)