接遇研修会(研修部)

文責:猿山

11月14日(水)介護人材キャリアパス支援事業として、栃木県介護福祉士会の中井セイ子先生にお越しいただき、「介護現場で必要な接遇マナー」について学びました。

接遇とは、そして「目的」を学びます
マナーの基本“あいさつ”“身だしなみ”
“態度”“言葉づかい”を改めて確認しましょう。
「無表情で話をすると相手はどんな気持ち?」
常に表情を豊かに、アイコンタクトで話しかけましょう。信頼関係が生まれます。

今回の研修で、基本中の基本を学びました。各職員、事業所において定期的な確認が必要です。
中井先生、貴重なお話をありがとうございました。プロとしての自覚を持ち、笑顔と活気ある職場環境を目指していきます。

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)