けやきの家が地震?シェイクアウト訓練を実施(けやきの家)

文責:総括主任 永田

3月11日(月)、けやきの家のデイ班と作業班で『シェイクアウト訓練(地震訓練)』を行いました。日頃、消防訓練(避難訓練)は行っていますが、地震訓練は今回初めてなのでどうなることやら…、栃木県HPから音源をダウンロードし、訓練時刻(地震発生想定)にCDラジカセで、音声に合わせて身を守る行動を訓練しました。

音声に合わせて訓練開始し、職員の声かけで、身を低くする行動を確認しました。
音声をよく聞いて、机の下やその場で頭を保護し、揺れに備えて安全な姿勢をとりました。
慌てて出口や階段に殺到しないように職員が声かけをしました。利用者さんを不安がらせないように声かけをしました。
基本は『あわてず、まずは身の安全を守る』ことを、実際に体を動かして、行動を経験しました。初めて行う地震訓練に対し、利用者さんや職員の方々もおどおどしながら、身を守る行動ができました。

いつ、どこで発生するか分からない“地震”これからもいろいろな場面(休憩時間、昼食時、帰宅準備時等)を想定し、継続して行いたいと思います。
私が小学生の頃、親から『地震、雷、火事、親父』はとても怖い…と、言い聞かせられました。親父?、ん~、親父とは…〇〇、調べてみて下さい。

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)