内部研修「基礎介護講座について」(やまと)

文責:療法士 竹内

5月19日、27日の二日間、「新人を含む全職員スキルアップ」ということで介護課、支援課、療育課の基礎研修を実施しました。今回の研修では、「車椅子の取り扱い」「様々な姿勢のメリット・デメリット」について実践を含めて行いました。

まずは、プリントを見ながら解説!私たち療法士もおさらいする機会となりました。
段差の昇降をやってみよう!人が乗ると様々な場所に気を配らなくてはならないので大変です(+_+)乗っている方は、ドキドキで全身に力が入っていました。
車椅子の怖さを体感してみよう!目をつぶって、声掛けもなし・・・どこに連れていくのだろう・・・・(>_<)思わず「怖い、怖い!」と声をあげていました。
どの姿勢が一番楽だろう?職員全員で川の字になって体感!・・・不思議な光景です(^O^)一人ひとり楽な姿勢が違います。利用者に合う姿勢を見つけてあげられると安心して過ごすことができると思います。

研修を通して職員全員で知識、技術を修得していき、利用者一人ひとりが安心、安全に生活を送ることができるように支援していきたいと思います。次回の内部研修「利用児者・支援者が負担にならない移動、移乗方法について」は7月に予定しています。

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)