餅つき会(もくせいの里 療護課)

文責:支援主任 矢口

12月の家族の日に、毎年恒例の餅つき会が行いました。前の日は、風も強く影響が出るのではないかと心配をしていましたが、利用者方の思いが届いたのか、穏やかな天候のなかで行うことができました。

もち米を蒸して臼に移してコネます。

利用者の方が見守る中、保護者の方も職員も一生懸命準備しています。
早く餅つきしたい♪
さあ始まりました!

杵を振りかぶって力強くついて行きます。美味しくなるよう何度も何度も「ヨイショ!ヨイショ!」と掛け声が響き渡ります。
ついた餅は、餡子ときな粉で美味しく頂きました。他にも、手作りの豚汁・おにぎり・うどんもあって、皆さんもお腹いっぱいになったようです。

保護者の方のご協力があって段取り良く進めることができました。また、豚汁やおにぎりなどの調理なども、保護者の方のご厚意やご協力があって、楽しい「餅つき会」となりました。本当にありがとうございました。

このブログの人気の投稿

ちょっ蔵奮闘記~コスモスまつり編~

台風被害について(法人本部)

家族旅行(もくせいの里・療護課)